Search Results for: チップ

細胞周期(Cell Cycle)の解析と抗がん剤の評価

【概要】 培養細胞を用いて核染色を行い、DNA含有量に依存したS期、G2期、M期、G1期の細胞周期の検出と、スタウロスポリン(Staurosporine)、タキソール(Taxsol)などの抗がん剤の薬剤効果と細胞周期に関する研究への応用を実施した。 【目的】 はじめに培養細胞を用いて核染色を行い、DNA含有量に依存したS期、G2期、M期、G1期の細胞周期の検出の確認を行った。次にスタウロスポリン(Staurosporine)、タキソール(Taxsol)などの抗がん剤の薬剤効果と細胞周期およびアポトーシスに関する研究にOn-chip flowを用いた。 【方法①:細胞周期の分析】 培養細胞(MOLT-4、Jurkat)を培養し、エタノール固定を行った。固定後、PI(Propidiumiodide)で染色し、On-chip Flowで解析を行った。解析後の測定データはFCS形式で出力し、市販の解析ソフト(Flowjo)を用いて解析を実施した。 【結果①:細胞周期の解析】 エタノールで固定した細胞をPIで染色し、Cell Cycleの解析をした。Peak(Height)信号とArea信号で展開し、ダブレットを除去を行い、より正確な細胞周期(G1期、S期、G2/M期)の解析が可能である事が確認された。 図1. 細胞周期(Cell cycle)の解析結果。MOLT-4、Jurkat共にPeak(Height)信号とArea信号で展開し、ダブレットを除去を行い、より正確な細胞周期(G1期、S期、G2/M期)の解析が可能である事が確認された。 【方法②:スタウロスポリンとタキソール(パクリタキセル)による薬剤効果】 培養がん細胞(THP-1α)に10nMのスタウロスポリン、100nMのタキソールをそれぞれ加え、細胞周期の解析を実施した。解析装置は、一般のフローサイトメータと使い捨てチップを用いたOn-chip flowで比較した。Cell cycleはDRAQ5®を用いた。 【結果②:抗がん剤の薬剤効果と細胞周期、アポトーシス】 培養がん細胞(THP-1α)の細胞周期のヒストグラムを一般のフローサイトメトリーとオンチップのテクノロジーと比較した。その結果一般のフローサイトメーターと変わらない結果が得られ(図2-(A)) 、DNA含有量に関する解析 も可能であった(図2-(B))。 10nMのスタウロスポリン、100nMのタキソールの薬剤効果についても解析する事が可能であった(図2-(C))。 図2.DRAQ5を用いた細胞周期(Cell cycle)の応用。培養がん細胞(THP-1α)の細胞周期のヒストグラムを一般のフローサイトメトリーとオンチップのテクノロジーと比較した。その結果一般のフローサイトメーターと変わらない結果が得られ(図2-(A)) 、DNA含有量に関する解析 も可能であった(図2-(B))。 10nMのスタウロポリン、100nMのタキソールの薬剤効果についても解析する事が可能であった(図2-(C))。

Q: On-chip Sortで血液中循環腫瘍細胞(CTC)を検出する事は可能ですか?  また、分取出来るCTCの数はどの程度から可能でしょうか?

CTCを細胞表面マーカー等で検出する事が出来ます。      On-chip Sortではチップのサンプルホルダー容量に制限があり、4mlの全血を出発材料とし前処理でCD45陽性の血液細胞を取り除きます。その後に上皮性の細胞マーカー等を利用してCTCの検出・分取をおこないます。上皮性マーカーとしてはサイトケラチンやEpCAMが良く使われるメーカーでしたが、それらの発現が無いCTCや、上皮間葉転移(EMT)によってそれらの発現が低下している場合があり、ビメンチン等のマーカーも利用されています。 On-chip SortのCapture Limitは4mlの全血液中1.4±0.2個となっています。

Q:使い捨てチップを使用することでのメリットは何ですか?

使い捨てチップを用いることによって、クロスコンタミネーションフリーが実現し、 通常のフローサイトメーターでは扱うことが難しいバクテリアや 感染性のあるようなSampleも扱えます。 また、コンタミネーションを最小限に抑えるため、ソーティグ後の培養も容易です。

Q:使い捨てチップ(プラスチック製)を使用することで感度は悪くならないのですか?

使い捨てチップを用いることによって、クロスコンタミネーションフリーが実現し、 通常のフローサイトメーターでは若干感度は下がりますが、 レーザー透過性の高いプラスチックを使用しているのでFITC 200 MESF以下を実現しており、 通常使用するには問題ありません。

Privacy policy

株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ(以下「当社」といいます)は、業務において取得するお客様の個人情報を、「個人情報の保護に関する法律」(以下「法」といいます)に則り、お客様が安心してご利用していただけるよう、適切に保護いたします。 1. 個人情報の収集 当社は、個人情報の収集に際し、業務遂行上必要な情報以外は収集しません。当社は、個人情報を不正な手段で収集しません。 2. 個人情報の利用 当社は、利用目的の遂行に必要な範囲を超えて個人情報を利用しません。 3. 個人情報取得時の同意 当社は、個人情報の取得時に、個人情報保護法の定める範囲で、本人に対し利用目的を明示し、同意を得ることとします。 4. 個人情報の第三者提供 当社は、個人情報保護法で例外と認められている場合を除き、あらかじめ第三者への提供に対する同意を得ない第三者への提供は行いません。 5. 個人情報の安全管理 当社は、個人情報の保護に最大限の注意を払います。当社では、個人情報管理責任者の下、通常アクセスできない環境下、および暗号化されたデータにて厳重に管理いたします。 6. 法令遵守の宣言 当社は、個人情報の管理について、個人情報保護に関する法令および関連法規を遵守します。 7. 個人情報保護体制の維持・改善に対する継続的取り組み 当社は、役員および従業者に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報の適切な保護と利用を図るため、個人情報保護および情報セキュリティに関わる内規を整備し、その定着を図ります。また、当該内規の定期的な見直し・維持・改善を実施し、是正も含め継続的に取り組みます。 8. お客様の情報について 当社は、お客様からお預かりする情報について、個人情報に限らず、広くプライバシー情報全般を大切に考え、その保護に努めます。

Q:どのくらいの大きさのサンプルを流せますか?

使い捨てチップの流路が80 μmなので、だいたい30~40 μm以下のサンプルであれば 細胞塊なども流すことができます。 また、最小検出サイズは0.5 μmです。

Maintenance service

株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ製品(On-chip Flow/On-chip Sort)の高い精度や安定性を常に保ち、最高の実験結果を導けるように、弊社のサービス部門はお客様のニーズにあった保守メンテナンスサービスプランを用意しております。   保守メンテナンス契約 BAタイプ 定期点検年1回 ECタイプ 定期点検年2回 STタイプ 定期点検年2回+本体の修理作業費 EXタイプ 定期点検年2回+本体の修理作業費+レーザー以外の交換部品費用   保守メンテナンス契約の特徴 装置の安定稼働を維持するために必要と思われる部品を一部無償で交換(#1)。 当社認定のサービス担当者により定期点検・修理作業を実施。 契約以外に突発的な出費を防ぐことができるため、お客様の予算が立てやすくなります。 (#1):使用方法や使用頻度に関わらず自然劣化または経年劣化を起こすものがあります。 このような部品の費用も保守メンテナンス契約でカバーされます。     定期点検内容 機器各部のオイリング及びクリーニング 光系部品の感度チェック及び調整 必要保守部品の交換(点検ごとに交換する部品の一覧表参照) 電源電圧のチェック及び再調整 機器全体の動作チェック 保守メンテナンス基本サポート料金 保守契約・定期点検に関するお問い合わせ 042-385-0461 (受付時間:10:00~18:00/土曜・日曜・祝祭日を除く) tech@on-chip.co.jp ← 前のページ「アップグレード」 次のページ「よくある質問」→